読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性的虐待‥性虐待はなぜ起きる

私は実父親に幼稚園から中学2年まで性虐待を受けて育ちました。一見普通に見える家庭内で起こった犯罪。私の家庭で何が起こっていたのかを冷静に振り返りこれからの子供達を性的虐待から守ることが出来るのか、不幸にも私と同じ様な体験をしてしまった人達には何が必要かを考えて行きたいと思います

ブログに訪れた方はまずこちらをご覧下さい。

30年間理解の無かった母親が理解ある母親に変わるために必要だったこと②

母親

前回の記事の続き

 

昨年12月はじめ頃、仕事から帰り夜、母親に「私、性虐待を受けて育った事を隠さず公表して私のような被害者が今後出ないようにする活動をして行きたい。私の様な被害者が現実に実父親から性的虐待をされていた事を言いださなければ事実に気付いてもらえない。無かった事になってしまう。お母さんに言ってはいけないと言われていたけど、もう約束を守れない」と告げました。

 

 (私の受けた性虐待は  性虐待① 性虐待② 性虐待③ に詳しく買いてます。リアルな内容もありますのでフラッシュバックに気をつけて下さい)

 

この時の母親の返事がまたまた予想外。

 

母「そんなにまだ悩んでるの?うんと小さい頃の事でしょ」

 

私「小さい頃って中学二年までだけど」

 

母「嘘、幼稚園とかでしょ」

 

私「幼稚園の頃から中学二年まで。幼稚園の頃      だけだったら挿入までにならんやん」

 

母「嘘、お父さんそんな事したの?」

 

え?この人何言ってんの?

何を今更・・・

 

もう私何と言って良いのかわからなくなりました。今まで何度か話したしこんな重要な事、忘れられる人がこの世の中にいるの???

 

私が性虐待被害者を無くす活動をしたいとかと言う話以前に、母親は初めて知ったと言いながら悲しみに打ちひしがれています。

 

え???本当に知らなかったの?

ショック過ぎていつも記憶から消されるの?

忘れたふり?

にしては演技上手すぎだし・・・

 でも知らなかったのなら今までの母親の何も無かったかのように父親と生活していた事も納得出来る。

と言うことはやっと知ってくれたのだからこれから変わってくれるはずだ。

三十年間長かったけどやっと母親の愛情を感じて行きていける。

 今、目の前で娘の受けて来た性虐待を知り泣いてくれている母親こそが本当の母親なのかな。

 

母親に対して今まで持っていた不信感や絶望感などのわだかまりが消え許すことが出来る様に思いました。

 

母親に幼少期から中学までの受けて来た被害を全て話ました。母親はうつむいたまま真剣に聞いてくれて「今まで気が付かずにごめんね。辛かったね」と言ってくれました。

 

三時間くらい話をして11時近くになりまだショックを受けてうなだれた様子で心配だったのと、今は母親も父親の顔を見たくないと思っているだろうなと思い私は「泊まってく?」と聞きました。母親から出た答えは私の予想を180度裏切りました。

ニッコリしながら「あっ、もうこんな時間!早く戻らないとお父さんに心配かけちゃう。可哀想だから帰るね!」

だって。

 

、、、、(´;ω;`)

なに言うとん(;o;)可哀想って??

可哀想なんは私やろ?

心配かけるってここ隣やし!

隣の娘の家におるんやし!

心配やするかあ!!!

 

心の中で叫びました(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

この人どこまで洗脳されてるの(泣)

 

天国から地獄に突き落とされるとはまさにこの事!!!

ちょっと待て!!!

 

この時は私も食い下がりました。いつもならこの時点で諦めちゃってました。母親が可哀想になって来るのと、これ以上言ったら母親に嫌われちゃうんじゃないかとか所詮母親も私じゃ無いんだから私の気持ちなんか分かりっこ無いと言う思いが先に来ちゃって・・・

 

私「いつまでお母さんはこの問題から逃げるの?どうして正面から見ようとしないの」

 

母「過去のことじゃ無い。いつまでも気にしていたら前に進め無いじゃない」

 

と言って隣の父のいる家に帰っていきました。

私は母が帰った後、号泣しました。

私の人生なんなん!

ここまで自分の母に理解してもらえず何で産んだん!?

そんなに子供の立場になって考えんのやったら産まんといてよ!

無責任すぎやわ!

いつまで私は一人で苦しみ立ち向かっていかなあかんの(泣)

いつまで私の叫びを母親は無視し続けとくん(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

 

声を出して大泣きしました。その夜は一睡も出来ませんでした。

 

次の日は目を腫らして仕事に行きました。四十半ばになってもまだ辛い。

 

なんなん私の人生.・・・

 

 f:id:kaoagete:20170228121316j:image

 

 

次の記事に続きます。