性的虐待‥性虐待はなぜ起きる

私は実父親に幼稚園から中学2年まで性虐待を受けて育ちました。一見普通に見える家庭内で起こった犯罪。私の家庭で何が起こっていたのかを冷静に振り返りこれからの子供達を性的虐待から守ることが出来るのか、不幸にも私と同じ様な体験をしてしまった人達には何が必要かを考えて行きたいと思います

ブログに訪れた方はまずこちらをご覧下さい。

性虐待のトラウマを乗り越える為に必要なこと

 

 

これは私の実体験から私個人の考えです。被害者の方はそれぞれ受けた被害も環境も異なりますのであくまでも参考になればと思い書きたいと思います。

 

 

 

年明けから公開したブログは今から三年前に書き溜めておいたものです。四十六歳になった今またまたいろんな『気づき』がありました(*´∀`)♪

 

一番の気づきは

私が一番ずっと最後まで許すことが出来なかったのは父親でもなく母親でもなく自分だったってこと。決して行為自体は無理矢理ではなかったことから自分が『嫌だ!!』と叫び抵抗しなったことが一番許せず自分を責めて恥ずかしいふしだらな自分と嫌ってたんですね>_<

 

過去を一つ一つ思い出し整理することで私はまだまだ子供で『嫌だ』と叫ばなかったんじゃなく、叫ばないといけないような重大なことと分からなかった。母親も私も暴力と罵声によって父親に従うことが正しく当然だと思い込まされていたと←これは目からウロコでした。身体的虐待が性虐待を受け入れていた原因だと気がつかなかった(汗)過去を振り返ることはこんな背景があることに気づかせてくれます。自分を責め続けたことを子供時代の自分に申し訳なかったと思います。

 

もし仮に凄く優しい父親だとしたら・・・と置き換えて考えてみました。それはそれで私は嫌と言えなかったような気がします。抵抗することで大好きな父親を嫌と言うことで失ってしまうんじゃないか。大好きな父親が自分を傷つけることをするわけがない。と子供は考えてしまうと思います。

 

結局はどんな親でも疑うことなく子供は全てを任せて頼り信頼し愛している。親が全てなのですよね。

 

私は近親者からの性虐待被害ということが現実ににあるということを知って貰えたらと思い過去を書くことでいろいろ気づくことが出来ましたが、もっと早く正しい知識を持った大人や専門家の方に話すことが出来ていたらずっとずっと早くに回復出来ていたと思います。本もたくさんの気づきを与えてくれますよね。

 

「長い間一人ぼっちにしてごめんね。いままで愛してあげれなくてごめんね。もっと早くに気づいてあげなければいけなかったのに。寂しかったね。辛かったね。頑張ったね」

 と、子供の頃の自分を慰めて癒してあげることが出来ました。

 f:id:kaoagete:20170129235344j:image

思い出したくない過去を振り返るのは大変辛いことですよね。虐待によるこころの傷はぐちゃぐちゃに化膿しているところになんの処置もせずただガーゼを傷が見えないように置いてるだけの状態です。ガーゼを少しづつ剥がして消毒をしていく作業は辛く耐え難い苦しみが伴います。臆病な私は傷口を見る勇気が沸くのに三十年もかかってしまいました。

 

三十年間、仕事をしている時は過去のことを忘れていられるのですが、休日何も予定がない日がダメで休みの日が雨ならもっと最悪でした。涙が勝手にポロポロと溢れ出てきます(´;ω;`)持って行き場のない悲しみとどうやっても消せない過去にただただ泣くことしか出来ない自分。闇に引き込まれないように休みの日は予定を無理やり入れてやり過ごしてきました。

 

秋が嫌で秋の夕日を綺麗だと感じることはありませんでした。人は日照時間が短いとウツにおちいりやすいみたいですね。

 

私の傷口は癒えることなくいろいろな別の合併症を引き起こす原因になっていきました。

 

 でも人には回復する力がもともと備わっているのですね。四十も過ぎるとそこそこフラッシュバックにも慣れ過去のこととの付き合い方もそこそこ要領がわかるようになりました。

 

ロールプレイングゲームのように様々なミッションをクリアーして各ステージのボスを倒してまた次のステージに向かうみたいな感じでしょうか?笑

経験値を上げていくとどんどん強くなる!

 

ラスボスはどこにいるんだーーー!!!

 

でもきちんと消毒することが出来たらもっと早くに必ず傷は治せたと思います。傷跡は残るような大怪我ですが傷口は塞がりますよね。

 

 辛くても過去を振り返ることがトラウマを克服する上では凄く大切なことと知りました。

 

実は父親も子供の頃、叔母さんから性虐待を受けていたと私に漏らしたことがあります。それは私が中学一年の時「親子でこんなことするのは間違っていることじゃないの?」と聞いたとき父親が「お父さんも子供の頃叔母さんとこんなことした。それが刺激的で良かった。言わないだけでみんな影でしていることだよ」と言っていました。父親は本気でそんな風に思っていたのかも。父親も叔母さんからみんなしていると刷り込まれていたのかも(/ _ ; )

 

いやいやどう考えてもおかしいでしょ汗

 

こんなことも言っていました。「自分は背が小さく末っ子だったから友達からも兄弟からもイジメられていた」と。

 

そんな過去があったから父親は母親や私に暴力お振るったり怒鳴ることで虚勢を貼り自分を強く見せていたのだと思います。本当は弱い人で父親も被害者でした。

 

父親は過去のトラウマを放置してしまい負の連鎖で私に引き継いでしまったのだと思います。