読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性的虐待‥性虐待はなぜ起きる

私は実父親に幼稚園から中学2年まで性虐待を受けて育ちました。一見普通に見える家庭内で起こった犯罪。私の家庭で何が起こっていたのかを冷静に振り返りこれからの子供達を性的虐待から守ることが出来るのか、不幸にも私と同じ様な体験をしてしまった人達には何が必要かを考えて行きたいと思います

ブログに訪れた方はまずこちらをご覧下さい。

性虐待③・・・私の家庭でなにが起こっていたのか

私が受けた性虐待

 

 このブログはノンフィクションです。私と同じ様な被害に遭われた方が読まれるとフラッシュバックする内容があります。ご注意ください。

 

 

 

 

 

中学生

中学生になり好きな男の子も出来るようになって少しづつ自我が目覚めてきました。考えることを辞めていた父親との関係に不信感がどんどん募るようになり勇気を出して友達にそれとなく聞いてみました。友達は凄く驚いた顔をして「今!なんて言った?!」と聞き返され私も慌てて「なんでもない!じょーだん!」と言ってしまいました。でもその友達の反応でこれはとんでも無いことかもしれないと感じました。

 

頭ではわかっていてもなかなか嫌だと言うことが出来ませんでした。父親に嫌だと言うことで自分の居場所が無くなると思いました。きっと母親も知っている。私のことを憎んでいるに違いない私は一人ぼっちになってしまうという恐怖になかなか勝つことが出来ませんでした。逃げ出したいのに私には一人で生活するすべがないことを恨みました。今なら児童相談所に行くことも考えられたと思いますがその当時は何処を頼ればいいのか調べることも出来ず警察にいけば家族がばらばらになってしまうんじゃないかと思い我慢するしか生きる方法がないようなに思えました。行為に嫌悪感をいだきながらも触られることで気持ちよく感じ場に流され許していたところもありました。

 

その頃、保健体育の授業で性教育があり初めて自分の身体の構造を知りました。お尻には尿道、肛門の他にもう一つ膣口という穴が自分の身体にあることを知りました。そこに男性の性器を挿入することで赤ちゃんが出来ることがわかり私はどこまでのことをしてしまっているのかわからずパニックになりました。されるがままだった自分が愚かだったと自分自身を責めました。

 

私が中学ニ年の夏、家の増築をするからと六畳のプレハブ小屋で二ヶ月程生活をすることになりました。親子三人で川の字になって寝ました。そんな状況でも父親は我慢できないらしく行為をしてきました。母親が気がつかない訳がない。なのに何も言わない母親は大人なのにどうしてそこまで自分の気持ちを言えず我慢するのだろう惨めな人。こんな風にはなりたくない。と言う思いとこんな状況下でも行為を求める父親にさげすんだ感情が初めて湧いてきました。私は大人を見下すようになっていきました。

 

学校の先生も両親もあなたのために言ってあげていると恩着せがましく言いながら結局は自分の都合でしか物事を考えられない自分に不利益なことはごまかしてでしか生きられない生き物なのだ私は絶対そんな大人にはなりたくたい!私の気持ちなど誰にも分かるはずがない。周りの大人は分かる努力もしようとしない。中学を卒業したら仕事して自立しようと決心しました。
二年の終わりから生理が始まりました。

 

やっと父親に「ヤメて」と言えるようになりました。私は両親がいなくても生きていけると思うようになり父親を拒絶することが出来るようになりました。父親はなかなか諦めてはくれませんでした。私が寝ていると部屋に忍び込んできてはさわってきましたが、私が怒ると何もしてないととぼけるようになりそんなことを繰り返しながら父親と私の間違った関係は終わりました。

 

同時に今までしてきたことがどれだけいけないことで取り返しのつかないことなのかもわかるようになっていきました。
頭の中がぐちゃぐちゃでもう処女ではないかもしれない、大切なものを醜い父親に渡してしまっているかもしれない。恐らく最後までしているのだろう。と後悔と絶望と羞恥心、自分への嫌悪感、負になる全てのものが一気に私の上にのしかかってきました。毎日、私のような腐った人間は死ななければいけないと思いながら怖くて死ねない自分を責めました。こんなに死にたいのにご飯を食べる自分を軽蔑しました。

 


全てのことが長い悪夢であってほしいと毎晩泣き疲れて眠り気がつくと朝が来て現実に連れ戻され、起きてしまったことは現実なんだと再認識させられに逃げ場のない現実に心はズタズタに切り裂かれていきました。
どうして私は嫌だと言わなかったんだろう。どうして父親は私にそんなことをしたのだろう。どうして?どうして?どうして?とどうしてが何千回も何万回を頭の中をグルグルと回って頭が痛く吐き気がしました。

f:id:kaoagete:20170118113353j:image

 

学校生活も一変しました。それまでは弱いながらもテニス部で頑張っていましたが部活も休みがちになりました。勉強も全く手がつかず成績はどんどん落ちて行きました。元々、親に喜んでもらいたくて頑張っていたので頑張る目的がなくなりました。

言葉遣いから付き合う友達からなにもかも変わっていったと思いますが周りの大人は誰一人私の変化に怒るばかりで理由を尋ねることはありませんでした。
父親に私の生活態度を注意されると自分のしてきたことを棚に上げ私にとやかくどうして言えるのかと腹が立ちました。
父親が手をあげると私も父親に掴みかかるようになり母親がどうしてそんな態度をとるのかと叱ってきました。家庭内暴力を繰り返しました。

 

母親には早くから相談したかったけど、母親がもし知らなかったのなら私が言ったことで母親を傷つけてしまう。という思いがありなかなか言い出すことができませんでした。
そんな父親と母親と私の言い争いで家庭は崩壊寸前でした。
どのみち崩壊するのなら母親に謝りきちんと話をして分かってもらわなくてはいけないわかってくれるはずだと思い言う覚悟をしました。全てを話すと当然私の見方をしてもらえると思っていましたがこれは私の甘い考えでした。

 

父親は自分は家を出て一人暮らしをすると言いました。私はこれでやっと安心して生活が送れる、これからは弱い母親を私が守っていこう。母親と二人で幸せになろう。やっと悪夢から解放される。これで全てが終わりになるのだ。と母親から父親を引きなしてしまう代わりに私が母親を幸せにしようと誓いました。

 

ところが母親から「私はお父さんと離婚する気も離れて暮らす気もまったくない」と言われてしまいました。

母親はあっさりと父親を許してしまいました。
「お父さんと話をしたけど、あなたが誘ったらしいじゃない。どうしてそんなことしてしまったの?私も大学生の頃、一度、自慰行為をしてしまってそのことを今でも恥ずかしく思い後悔してるの。だから誰にでも間違いはあるし、人には言えないことの一つや二つはあるのものなのよ。早く忘れなさい。お父さんはあなたが可愛くってあなたが他の男性を誘うようなことがあってはいけないからと自分がその役を仕方なくした。でもそれであなたが傷ついたのならごめんなさいって言ってたわよ。今回のことがお父さんじゃなく他人の男の人だったらもっと大変なことになっていたわよ。今回のことは愛があってのことだからお父さんの気持ちもわかってあげて。許してあげて。この事が世間にバレてしまうと家族がバラバラになりあなたもお母さんもご飯を食べられなくなるから黙っとくのよ」私が予想していた結果ではなく父親を擁護する言葉でした。

 

確かにそこには愛があったと思います。でもその愛は娘を思う親の愛ではなく父親が自分に対する自己愛。自分の性欲を満たすためのものでしかありませんでした。中学生の私にはそんな客観的な判断など出来ず、母親の言葉をただ聞くことしか出来ませんでした。

 

父親自身は私に誘われて仕方なく行為をしたと思っている。こんなに辛い思いをしていること全てが自分の行動からくることだったのだ。一番愚かな人間は私だったのだ。地獄に突き落とされました。この時の母親の行動と言葉がこの先何十年も苦しみから抜けられない大きな要因となりました。


私の唯一甘えられる大人は母型の祖母でした。私は祖母に泣きじゃくりながら訴えました。祖母を悲しませることへの罪の意識から内容の半分も言えませんでした。大正産まれの祖母にも当然わかってもらえるはずもなく私の怖い夢で話は片付けられてしまいました。

 

生きることへの絶望感で息をする事がやっとだった私には母親の言葉を冷静に対処できる観察力も洞察力もありませんでした。沸き起こる感情をうまく伝える言葉を知らなかった15歳の私はどう説明していいのかわかりませんでした。父親だけに責任を押し付けられない私も共犯者だ。だから父親のしたことは忘れなければいけない。許さなければいけない。確かに父親は無理矢理ではなかった。私は父親に生かせてもらう代わりに長い間身体を許してきた娼婦だった。もっと早くに嫌と言って家を出る勇気が持てなかった自分への惨めな気持ちや怒りや悲しみに手を余し毎日死にたいと思いながら泣きました。

 

この時、私の心は性的虐待によって殺されました。