性的虐待‥性虐待はなぜ起きる

私は実父親に幼稚園から中学2年まで性虐待を受けて育ちました。一見普通に見える家庭内で起こった犯罪。私の家庭で何が起こっていたのかを冷静に振り返りこれからの子供達を性的虐待から守ることが出来るのか、不幸にも私と同じ様な体験をしてしまった人達には何が必要かを考えて行きたいと思います

ブログに訪れた方はまずこちらをご覧下さい。

1番の理解者だった祖母の死

先日、母方の祖母が亡くなりました。九十八歳でした。十年くらい前からアルツハイマーとなり最後の一年間は寝たきりでした。

 

アルツハイマーになる前の祖母はとても優しい穏やかな人でした。ずっと祖父を愛していると可愛らしく言葉で伝える素直な人でした。

 f:id:kaoagete:20170210070722j:image

ゆかりは(子供の頃のわたし)はそんな祖母が大好きでゆかりのこともいつも「ゆかりは可愛いなぁ、ゆかりはおりこうさんじゃ」と頭を撫でながら優しくゆかりを包んでくれていました。ゆかりの存在を肯定してくれる人とでした。

 

ゆかりはきついお粉の匂いが嫌だと思いながらも祖母の隣は唯一安心出来る場所でした。

 

祖母はゆかりが幼い頃、半年に一度くらいのペースで家に二、三日泊まってくれていました。来る日がわかると指折り数えて心待ちにし、来た日は嬉しくって嬉しくって。でも来た瞬間から帰ってしまう日が悲しくって悲しくってどうしようもなかったのを覚えています。

祖母が家にいる間は母もうれしそうで優しく体罰はありませんでした。父親から怒鳴られても祖母がかばってくれました。祖母がいる間は家の中も安心出来る場所になりました。

 

祖母がいてくれてなかったらゆかりの幼少期はもっと辛く寂しいものだったと思います。

 

そんな大切な祖母に対しても中学の反抗期には優しくしてあげれなかった。素直になることが出来なくなってしまいました。唯一の理解者も両親のお陰で汚い大人の仲間入りになってしまい私は自ら心の壁をつくってしまいました。

祖母に一生懸命父親からの被害を伝えた言葉は母親の根回しにより私の夢の中のこととなってしまってました。

 

亡くなったと知らせを受け車で1時間半のところに子供達と向かいました。

 

老衰でおだやさに天国に召されました。

 

膨よかだった祖母はとても痩せていて私は一人置いていかれたような気持ちになりました。子供の頃、ずっと一緒居たかったのに祖母は「おばあちゃんもずっとゆかりとおりたいけど、おじいちゃんが待ちよるから帰るわなあ。」と言ってバスに乗ってしまいます。私はいつも次はいつ来てくれるのか何度も聞きました。今度も祖母はおじいちゃんのいる天国に行ってしまいました。今回もゆかりは置いてけぼり。おばあちゃん!私も一緒に連れってよ。私はゆかりに最後のお別れをするように促しました。自分でも思いがけない程、涙が溢れました。

 

ゆかりは最後にもう一度祖母の温かい手で頭を撫でて欲しかったと思います。

 

「ゆかりに安らかな時間をくれてありがとう。あの時間が無かったら、ゆかりの人生はもっと悲惨なものになっていたとおもうよ。ゆかりを助けてくれてありがとうね」と心の中で呟きました。

 

お通夜には父親は来ませんでした。お陰で穏やかな気持ちで祖母をお見送りすることができました。

 

父親は告別式に合わせてやってきました。お寺の方のお経も終わり祭壇に飾ってあるお花をみんなで棺の中に入れて火葬場へと見送り、火葬場の方の淡々とした説明を聞き最後に祖母の顔を見ながらお別れを言いました。その間、父親は泣いていました。

 

私は父親の泣き顔を私の記憶の中では初めて見ました。

 

祖母が汚されるようで私は腹立たしく思いました。お前に泣く資格があるのか。大切な孫の女の部分を犯しておきながら。祖母が本当の事を理解できていたらお前のことを許すはずがない。葬式に出てくれることも嫌に思うに違いないと思いました。

 

祖母なら全面的に私の味方でいてくれたはずだと思いたい。私の産まれてきた存在を肯定できる最後の叶わない希望の私の勝手な思い上がりです。

 

現実は、祖母も父親が私を犯していたと知ったところで何も変わらなかったと思います。母親と同じで無かったことにしていたことでしょう。

 

どうして昔の女性はそこまでも弱く自分を押し殺して生きているのか。我が子や孫を犠牲にしてまで守り続ける家庭に何の価値があるのか私には理解出来ません。

 

おばあちゃん、迷わずにおじいちゃんのところに行ってね。私はもう少しこちらで頑張ってみようと思ってる。

 

私のような犠牲者がこれ以上増えないように、声を大にして「私は、父親により処女を奪われた被虐待児だ」と。言わなくては。

 

私は今まで弱すぎたあなたたちの娘や孫としてあなたたちの分も強く生きたい・・・

 

ちなみに私の娘は無茶苦茶強い意志を持った女性に育ちました。周りに翻弄されることなく自分のするべき事をしっかり見据えて大地を踏みしめて生きている感じがひしひしと伝わって来ます。二十歳そこそこの子には思えません。旦那さんになる人は大変だと思います。恐妻家間違いなし!(爆笑)

 

 

たまには弱音を・・

このブログを見てくださってる方の中に私と同じような境遇の方いらっしゃいますか?

いらっしゃったら直ぐにでも会いに行ってあなたと抱きしめ合いたいです。今まで辛いけど頑張ってきたよね。とお互いをたたえ合いたい。本当に分かり合え癒し合えるのは同じ境遇の方と話しをすることのような気がします。

 

同じ境遇の人と愚痴り合えたらといつも思います。たくさんたくさん話しをしてたくさんたくさん悪口言って、たくさんたくさん泣いたら、そしたらこれも笑い話になるのかな。クソ親で最低な子供時代だったよね〜でも本当の人生はこれからだよね。これから今までのぶん取り戻して楽しもうね。って素直に話し会えるのかな。一緒に戦っていこうね。て。

 f:id:kaoagete:20170210154758j:image

最近になり信用できる友達何人かに過去のことを打ち明けました。人に話すこととトラウマは比例して軽くなっていきました。もっと早く話を聞いてもらっていたら良かったと心から思います。

 

でもいつも強がってる私がいます。本当は平気じゃないのに平気なふりして笑っています。普通に育ってきた人に100%弱みを見せれないと思うのか相手に気を使うのか・・・多分、後者でしょうね。気持ち悪い思いをさせてるんじゃないのかなって思っちゃいます。

 

このブログだって本当にこんなこと書いてもいいのかな。みんな気持ち悪いって気分害してるだけなんじゃないのかなって。

 

相方に相談するときもまたこの話もう聞きたくないわって思ってるんじゃないのかなって心のどこがで思ってる自分がいます。

 

児童虐待には心理的虐待、身体的虐待、性的虐待、ネグレストがありますが、どの虐待もあってはならないことであの虐待がこの虐待よりどうのこうのとは思ったこともないのですが、ただ、性的虐待は言葉に出して言うことがすでにタブーのようで辛い。なんで被害者がこんなに後ろめたい気持ちにならないといけないの。悪いことしてないのにこんなに悪いことしてしまったような、心を殺されながらも自分も殺人を犯して逃げ隠れしながら生きているような罪悪感。

毎朝、父親が今日も生きてるとわかったとき落胆する嫌な自分。

 

 

早く引っ越ししよう。

 

近くにいるのはお互いに良くない。

 

おやすみなさい。

 

 

 

 

被害者を増やさない為に

児童への性的虐待は血縁者や顔見知りによるものが多いと報告されています。被害を受けているもしくは受けていたことは口止めされていたり、周りに言うことで自分も恥ずかしい思いをしなくてはいけない、自分の大切な親や兄弟を傷付けてしまうと、色々なことから言うことが出来ません。

 

勇気を出して声にしても信じて貰えなかったり、あなたも落ち度があっんじゃないかと言われてしまったりひどい場合はあなたが誘ったんじゃないのと言われてとても悲しいことですがこれが今の日本だと思います。

 

身近にそんなことがある訳がない他人事だとたかをくくっている方がほとんどだと思います。

 

児童に対してそんな卑劣なことをする加害者は見た目も言動もおかしな人だから気付くはずだと思っていませんか?

 

違うんです。社会的に地位もあり、地域にも密着していてなんなら仏様のようにあがめられていたりと外面が良く誰もが疑いもしない加害者もたくさんいるんです。

 

なので子供がやっとの思いで力を振り絞り発した言葉も呆気なくスルーされることがほとんどです。

 

子供は大人から気持ち悪いことをされたなどと嘘では言い出したりはしません。少しでもおかしいと思ったら話しをしっかり聞いてあげて下さいね。一度言い出したことを嘘だったと撤回したりすることもあると思いますがそれは恥ずかしさや家族を思いやる気持ちから嘘だったと言っているだけでで本当のことです。

 

聞く側も嘘であって欲しいと思うあまりに聞かなかったことにしがちだと思います。それでは後で取り返しのないことになってしまいますので気持ちを強く持って最新の注意を払いながら気を付けてあげて下さいm(__)m

  

子供は口には出さないけどたくさんのサインを送っています。毎日一緒に生活している家族なら生活の変化や言葉遣いの変化など気付けないわけがないと思います。それでも気付かないことがあるとしたら何らかの理由から気付きたくない気持ちが先行しているのだと思います。客観的に子供の様子をみてあげることが必要だと思います。

f:id:kaoagete:20170202153935j:image

 

私が中学3年の春に体育の授業中、授業態度が悪いと体育専門の先生に注意されたんですね。

 

先生が「どうして宮本さんは最近、反抗的なの。後で体育教官室に来なさい!」って。

 

私は家庭のこと全部言ってしまおうか、先生に相談したら何かが変わるのかな。これが最初で最後のチャンスなのかも知れないって思いながら授業が終わり教官室に行ったんです。先生と二人っきりで話しをすることなんて無かったですから。

 

あの時、家庭で何かあったのかと聞いてくれたかどうかは覚えていないんですけど、二言目には「あなた、やったでしょ!」って。私凄くビックリして固まっちゃいました(・Д・)

 

やったって何を!?何のこと言ってんの!?って慌てちゃって何も言えないでいたら「二重の手術したでしょ!」って怒った口調で言うの。私、重度の花粉症で目が痒くって真っ赤に瞼も腫れてて・・・それが先生には二重の手術の後遺症だと思ったみたいです。

 

もう、何も話す気になれず涙しか出て来ませんでした(。-_-。)大人なんてこの世から居なくなればいいと本気で思いました(T ^ T)

 

今、思い出すと笑っちゃいます(笑)ホント、タイミング悪すぎ!!!

 

こんな感じで私はますます反抗的になっていきました。

 

イヤイヤ!私でなくてもこんなにいろいろあったら反抗的になるでしょー(ーー;)

 

なると思われた方パチパチ👏ボタン連打お願いします〜

 

 

ってナイナイ。

 

 

 

 

 

 

我が子が児童性虐待の被害者にあってしまったら

f:id:kaoagete:20170201112730j:image

我が子から性虐待の被害を告げられると大抵の母親はパニックになってしまい冷静な判断が出来なくなり勇気を出して相談してきた我が子をさらに傷付ける発言をしてしまうことが多々あるみたいです。

 

ましてや加害者が夫(内縁の夫も含む)や我が子(被害者の兄弟)であった場合は相談を受けた母親に冷静な判断を求めるのはもはや無理なことのような気さえします。

 

私の母親も加害者の父親を擁護する返事でした。口止めされ、更に加害者を許すように促されました。

 

そんな対応が被害者を更に傷付け長い間抜け出せない心の闇に追い込むことになります。

 

被害を告げられたら先ずは専門機関の方々に相談するのが私は一番だと思います。

 

秘密厳守で聞いてくださる事を忘れないで下さい。外に相談内容が漏れることを恐れる気持ちは凄く分かりますが、そんなことを心配をする気持ちの余裕があるなら我が子の命の心配をしてあげて下さいね。相談する時まで生きていてくれた事があなたにとって幸運なことです。被害を告げられたときあなたは「何で一生懸命、母親をしてるのにこんなに不幸な目に遭わなくちゃいけないの」と思うかもしれませんが、あなたは不幸ではないのです。我が子は生きてくれています。

 

動物は思いがけないトラブルに見舞われた時、自分を守ることが真っ先に立つと思いますが、私達は人間です。伝える言葉を持っています。そのことを忘れず、加害者が夫である場合はもちろんあなたも被害者ですが誰が一番の被害者なのか何を優先に守らないといけないのかを自分の責任の部分も含め冷静に考えて欲しいです。

 

他人に自分の恥ずかしいことや惨めなこと自分の弱い部分を見せられる人はとても強い人だと思います。

 

子供の話に耳を傾け自分の感情を子供にぶつけることは決してしない下さい。否定をせず信じてあげて下さい。あなたへの信用を裏切ることが無い判断をお願いします。

 

辛く受け入れ難い事ですがあなた以上に子供が傷ついていることを忘れないであげて下さい。

 

あなたの対応が被害者のこれからの人生において一番重要です。受けてしまった過去を変えることは誰にも出来ませんが傷を癒してあげることは出来ると思います。

 

私の母親は「あの時は生活費を一番に心配した。父親がいなくなればあなたが生きていけないと思った」と言ってました。

 

時給800円1日12時間ひと月25日働くと月24万になります。そんな計算も母親はしてないんでしょうね。私には母親の言葉は自分の生活を守るだけの言い訳にしか聞こえません。・°°・(>_<)・°°・。

 

言い訳するならもっともらしい言い訳を考えてしてくれ〜

 

f:id:kaoagete:20170201140839j:image

 

性虐待で傷つききっている傷口にさらに塩をぬるような言動、行動は・・・

 

 

強くなってください。

 

お願いします。

 

 

あなたも専門家の方の治療を娘さんと一緒に受けて自分を癒してあげて下さいね。お辛いとは思いますが頑張ってくだいね。

 

 

 

 

 

 

 

児童虐待による負の連鎖

私個人の意見ですが、残念な事ですが児童虐待による負の連鎖はあると思います(><)

でも虐待の連鎖は止められると思います。

 

児童虐待の連鎖は非被害者が自分が当たり前のように受けていた肉体的暴力や言葉の暴力は自分が悪かったからではなく親の身勝手な行動で絶対にしてはならないことだったと客観的に捉えることができていたら繰り返されることはないと思います。

 

子育ては大変ですよね。イライラして感情的になることも多々ありますよね。そんな時は深呼吸をするとか冷たいお水を飲むとかしてみてはどうでしょうか?

 

私も子供が小学生低学年の頃、感情が高ぶり手を上げた事が二、三度ありました。子供はその事を覚えていて未だにチクチク言ってきます(><)ゴメンナサイ( ;  ; )

 

子育ては自分が思うようにはいかないのが当たり前。だって子供は自分ではないんですもの。自分の脳と子供の身体が繋がってるのなら自分の脳の指令通りに動かないと腹立たしさを感じると思いますが、子供は自分とは違う脳の指令で動いてる。違う価値観で生きている。と考える様にするとある程度は「しゃーないかぁ」って流せれるようになりました。

 

子育てもすごく楽しくなりました(*☻-☻*)

 

f:id:kaoagete:20170131155946j:image

 

他人に迷惑をかけてはいけない、危険な事はしてはいけないくらいで他の事は叱らずに見守りながら良い事は褒めるくらいで子供は育つんじゃないかなぁ。と子育てを終えて思いました。

 

うちの二人は大人になってもごくごく普通な感じなので^_^それで良ければ参考にしてみて下さい。ちなみに勉強しなさいは一度も言ったことがないくらい言ってません(・_・;それでも最低限は自分でしてたようです。

 

私に勉強を聞いてもわからないと子供も知っていておばあちゃんに教えてもらったりしていました。母親は息子にはマリア様のような態度で接してくれていました。

 

あっ!!毒親って必ず養育する義務を恩着せがましく言ってきますよね。

 

私が両親の言うことを聞かなければ「誰のお陰でご飯が食べれて学校に通えてると思ってるの!感謝して言う事を聞きなさい」と言ってました。

 

それってよく考えるとおかしいですよね。ご飯を食べさせるのも学校に行かせるのも自分たちが子供を産んだからであって嫌なら産まなきゃ良い訳だし。自分達が望んで産んだ子に感謝しろなんて(・・?)ましてやその上言う事をきけとか( ̄◇ ̄;)ビックリするわ!

 

子供に感謝しないといけないのは親のほうだろー!!産まれて来てくれたということがすでに感謝だろー!!

 

って思うのは私だけでしょうか(゚∀゚)

 

あー♩スッキリした☆☆☆

 

すいません、暴言を。

 

最初に負の連鎖はあると思うと書いたのは、私自身、虐待のトラウマからだと思いますが三十歳の頃、うつ病になったんですね。その時、子供のことに目が行き届かなくなっていたことと離婚もしてしまい子供たちの大好きな父親が家にいない生活になってしっまったこととが私が止められなかった負の連鎖なのかなっと思っています。

 

子供の頃、重度の虐待を受けるとほとんどの人が心の病になってしまうらしいです。心の病にならない為にも早い心のケアが必要だと思います。

 

 

私は父親から受けた性虐待を自分の子供に繰り返さないように息子が小学生の高学年になった頃から高校生の間、私一人では息子の部屋には入らないようにしました。部屋の掃除は本人に任せゴミ箱も自分で片付けるように言いました。

 

普通の人が聞いたらそんなことを気にする私が変人かと思われると思いますが、私の子供の頃の環境は当たり前のように父親と性行為があった訳ですから、その辺りの感覚は普通の人よりズレがあるのではないのかと用心しました。

 

息子が思春期の頃は私はまだ三十半ばでまだ全然、過去を消化出来ていませんでした。でも同じ事は絶対に繰り返すものかと強い意志がありました。

 

父親は叔母から受けた性虐待に対して虐待だったという認識が無く過去を整理しようともしなかったことで私に対しての性虐待がどこまで私を傷つけることかを考えてなかったのだと思います。今も私が傷を背負って生きているとは知りもせず何もなかったかのように日常生活を満喫しているご様子です( ゚д゚)

 

性虐待のトラウマを乗り越える為に必要なこと

 

 

これは私の実体験から私個人の考えです。被害者の方はそれぞれ受けた被害も環境も異なりますのであくまでも参考になればと思い書きたいと思います。

 

 

 

年明けから公開したブログは今から三年前に書き溜めておいたものです。四十六歳になった今またまたいろんな『気づき』がありました(*´∀`)♪

 

一番の気づきは

私が一番ずっと最後まで許すことが出来なかったのは父親でもなく母親でもなく自分だったってこと。決して行為自体は無理矢理ではなかったことから自分が『嫌だ!!』と叫び抵抗しなったことが一番許せず自分を責めて恥ずかしいふしだらな自分と嫌ってたんですね>_<

 

過去を一つ一つ思い出し整理することで私はまだまだ子供で『嫌だ』と叫ばなかったんじゃなく、叫ばないといけないような重大なことと分からなかった。母親も私も暴力と罵声によって父親に従うことが正しく当然だと思い込まされていたと←これは目からウロコでした。身体的虐待が性虐待を受け入れていた原因だと気がつかなかった(汗)過去を振り返ることはこんな背景があることに気づかせてくれます。自分を責め続けたことを子供時代の自分に申し訳なかったと思います。

 

もし仮に凄く優しい父親だとしたら・・・と置き換えて考えてみました。それはそれで私は嫌と言えなかったような気がします。抵抗することで大好きな父親を嫌と言うことで失ってしまうんじゃないか。大好きな父親が自分を傷つけることをするわけがない。と子供は考えてしまうと思います。

 

結局はどんな親でも疑うことなく子供は全てを任せて頼り信頼し愛している。親が全てなのですよね。

 

私は近親者からの性虐待被害ということが現実ににあるということを知って貰えたらと思い過去を書くことでいろいろ気づくことが出来ましたが、もっと早く正しい知識を持った大人や専門家の方に話すことが出来ていたらずっとずっと早くに回復出来ていたと思います。本もたくさんの気づきを与えてくれますよね。

 

「長い間一人ぼっちにしてごめんね。いままで愛してあげれなくてごめんね。もっと早くに気づいてあげなければいけなかったのに。寂しかったね。辛かったね。頑張ったね」

 と、子供の頃の自分を慰めて癒してあげることが出来ました。

 f:id:kaoagete:20170129235344j:image

思い出したくない過去を振り返るのは大変辛いことですよね。虐待によるこころの傷はぐちゃぐちゃに化膿しているところになんの処置もせずただガーゼを傷が見えないように置いてるだけの状態です。ガーゼを少しづつ剥がして消毒をしていく作業は辛く耐え難い苦しみが伴います。臆病な私は傷口を見る勇気が沸くのに三十年もかかってしまいました。

 

三十年間、仕事をしている時は過去のことを忘れていられるのですが、休日何も予定がない日がダメで休みの日が雨ならもっと最悪でした。涙が勝手にポロポロと溢れ出てきます(´;ω;`)持って行き場のない悲しみとどうやっても消せない過去にただただ泣くことしか出来ない自分。闇に引き込まれないように休みの日は予定を無理やり入れてやり過ごしてきました。

 

秋が嫌で秋の夕日を綺麗だと感じることはありませんでした。人は日照時間が短いとウツにおちいりやすいみたいですね。

 

私の傷口は癒えることなくいろいろな別の合併症を引き起こす原因になっていきました。

 

 でも人には回復する力がもともと備わっているのですね。四十も過ぎるとそこそこフラッシュバックにも慣れ過去のこととの付き合い方もそこそこ要領がわかるようになりました。

 

ロールプレイングゲームのように様々なミッションをクリアーして各ステージのボスを倒してまた次のステージに向かうみたいな感じでしょうか?笑

経験値を上げていくとどんどん強くなる!

 

ラスボスはどこにいるんだーーー!!!

 

でもきちんと消毒することが出来たらもっと早くに必ず傷は治せたと思います。傷跡は残るような大怪我ですが傷口は塞がりますよね。

 

 辛くても過去を振り返ることがトラウマを克服する上では凄く大切なことと知りました。

 

実は父親も子供の頃、叔母さんから性虐待を受けていたと私に漏らしたことがあります。それは私が中学一年の時「親子でこんなことするのは間違っていることじゃないの?」と聞いたとき父親が「お父さんも子供の頃叔母さんとこんなことした。それが刺激的で良かった。言わないだけでみんな影でしていることだよ」と言っていました。父親は本気でそんな風に思っていたのかも。父親も叔母さんからみんなしていると刷り込まれていたのかも(/ _ ; )

 

いやいやどう考えてもおかしいでしょ汗

 

こんなことも言っていました。「自分は背が小さく末っ子だったから友達からも兄弟からもイジメられていた」と。

 

そんな過去があったから父親は母親や私に暴力お振るったり怒鳴ることで虚勢を貼り自分を強く見せていたのだと思います。本当は弱い人で父親も被害者でした。

 

父親は過去のトラウマを放置してしまい負の連鎖で私に引き継いでしまったのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

性虐待のトラウマからの回復 私の生きる意味

私の生きる意味


私なんて生きる価値のない人間と思い今まで生きてきました。こんな偽りの家庭に生まれてまともな愛情もかけられず・・・何のために産まれて来たのだろう・・・

 

子どもは親を選んで産まれてきているのだと聞いてわたしはその答えを長い間暗闇の中を探していました。私はどんな目的でこの両親を選んだのか、私の生きる意味はどこにあるのかと・・・

 

四十歳になりやっと見つけました。私は私のような被害者の方々の気持ちに寄り添う為にこの親に産まれてきたのではないかと。それは私の凄く傲慢なエゴだということは分かっています。でもそう思うことでわたしはこの先も前を向き生きていくことが出来るような気がします。

 f:id:kaoagete:20170126182335j:image

一人ではなにもできない仲間を探さないとと思いインターネットでいろいろと調べて見ました。

 

海外にはたくさん近親者による性的被害者の会などが存在するのに日本にはそんな虐待は無いかのように見つけることが出来ませんでした。それどころか近親姦罪のような法律もなく、驚きました。

 

一件だけわたしと同じ境遇の人のブログを見つけることができました。しかし連絡のとりようがなく諦めました。

 

それから三年、四十三歳になりまたインターネットをまた開き探してみました。過去に向き合うことは辛く勇気が必要なことで気がつけば三年も経ってしまっていました。同じ境遇の方の勇気あるブログを何軒かみつけることが出来ました。性虐待とは被害者が勇気を出して語ることではじめて少しづついろいろな方に理解してもらえることだと改めて気付かせてもらいました。今はまだそんなの作り話、自分には関係のない話と思ってる方がほとんどです。

 

性的虐待の被害者はなかなか被害を語る事が出来ません。自分が話をしてしまうことで、大切な家族を傷つけ時にはバラバラにしてしまうかもしれないことが怖いから。自分の心を殺してまでもなお加害者をまもり続けています。

 

それはあなたを愛しているから・・・